永代供養墓完成

永代供養墓「悠久之碑」完成

興国観世音菩薩立像建立跡地に合資会社 宮田石材商会様の多大なるご支援により永代供養塔が令和4年5月吉日完成いたしました。

興国観世音菩薩立像建立跡地
興国観世音菩薩立像は昭和九年、当山四十八代住職木戸定豊、我が国の経済状況を深く憂い、我が国の再興を発願し、数年間の寒行托鉢修行により喜捨を受けた浄財を基金として建立したものです。
しかし、平成始めの地震により倒壊し、解体した跡地です。